続 記録と記憶と印象と..
2017 聖衆来迎練供養会式 SNAPS 當麻寺護念院

5月14日は中将姫の命日。

中将姫は當麻曼陀羅を織り上げた後、29歳で生身のまま極楽浄土へ往生されました

その様相をそのまま現したものが練供養です

当日は長い掛け橋(来迎橋)が渡され、極楽浄土から二十五菩薩に扮した人たちが娑婆堂に進み

中将姫を蓮台に乗せて浄土へ導く、来迎引接のさまを演劇的にあらわした古い宗教行事です

(葛城市HPより)

 

式の当日、菩薩面、菩薩装束の管理をしている護念院では

実際に使用される菩薩面が拝見出来ます

お面を被る事も出来、お話を聞く事も出来ます(9時〜14時頃まで)

 


 

 

 

 

式の写真はFBでのみ公開します。あしからず・・

 

 

 

 

奈良 葛城市(當麻寺) comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>