続 記録と記憶と印象と..
御幣奉納(幣振り) 糸井神社 宵宮祭

結崎の5つの垣内から、それぞれの当屋が提灯持ちを先頭に大きな御幣

「ミキニナイ」(神酒担い)と呼ばれる竹馬(長さ2〜3mの柳の木に稲穂付きの稲束、お神酒の入った壷を提げた物)を担ぐ人

家族・親戚一同を伴って前年の当屋(トモ)と共に糸井神社にお渡りし、

拝殿前で御幣を大きく左右に振り 奉納します

御渡りは2番当屋さんに御邪魔しました

 

お神酒壷の蓋、宵は黒ですが本宮の日は赤色になります

 

 

 

 

奈良 磯城郡 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>