続 記録と記憶と印象と..
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
今里の蛇巻き 杵築神社
今里の蛇巻き(記録作成等の措置を講ずべき無形民俗文化財指定)

午後1時過ぎに中学生以上の男子が麦藁を束ねて全長18mの蛇を作る
行事参加者が拝殿で直会(御神酒や、当屋「送り当屋、本当屋、向当屋の3軒」が作った料理を頂き、村の参拝者には藁の先に括られた「わかめの味噌煮」が配られ、観光客にもおすそ分けがある)

その後、中学生(本来は数えで15から17歳)の男子が蛇頭を抱え、今里の各戸を「おめでとう」と言いながら練り歩く
広い道に至れば、「それ」との掛け声とともに、蛇体に人を巻き込む
蛇は再び杵築神社に戻り、神社南側にある大樹に頭を上に巻き付けられる
 

蛇巻きは、その構成員が男子で、旧暦の5月5日に行われる端午の節句にちなんだ行事であり、
五穀豊穣と農耕儀礼、成人の仲間入りを体験するもので田植え時に雨が降るようにという祈りも含んでいる




奈良 磯城郡 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>