続 記録と記憶と印象と..
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
村屋坐弥冨都比賣神社 秋季例大祭 「代々神楽奉納」
村屋神社の神楽について
 村屋神社で代々受け継がれてきた独自のもので、この近辺(奈良県中部地区)に今でも残っている神楽舞いのほとんどが、村屋神社の舞いが原形になっているか、何らかの影響をうけています。平安時代に猿楽・伎楽・舞楽のより抜き集団が住む楽戸郷がこの地域(蔵堂から味間)にあったとされており、室町時代には観阿弥、世阿弥の父子により大成された「能」の発祥地としても知られ、また観世氏はこの周辺(杜屋郷)の出身という説もあります。村屋神社の神楽舞いは、こういった古代からのなごりと言えるでしょう。(村屋神社HPより)
平神楽・三々九度

榊の舞

扇の舞

矛(ほこ)の舞

薙刀の舞

一本剣の舞

二本剣の舞


舞で使う鉄製の大釜が終戦直後、盗難に遭い暫く奉納出来なかったと言う二人舞
平成26年から復活です
銚子の舞





御湯(みゆ)の舞







巫女祓い(扇舞)
奈良 磯城郡 comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>