続 記録と記憶と印象と..
染野の傘堂祈願

大は大を誇らず、小は小を恥じず



傘堂祈願
ある文献によると、傘堂は江戸時代初期の建築で、大和郡山藩主「本田正勝」の菩提を弔うため、家臣であった「吉弘統家」(よしひろ・のりいえ)が建立し た、と書かれています。また、別の文献には、本田侯の菩提を弔うために恩顧の臣、領民等が相談し建てるとも書いてあります。江戸時代の中期には郡山藩主柳 沢氏も修理に尽力されたことなども記されている。

傘堂とか真面堂と呼ばれるこのお堂は、元々中心柱を「大日如来」に見立てた仏堂であり、傘堂信仰として、「傘堂に三度祈願すれば、長い病にによる下(し も)の世話を人にかけず、自分も苦しむことなく、又、命終わるときは雨が降らず、これまた人に迷惑をかけることもない」という伝承もあるそうです。

葛城市観光協会等発行のパンフレットには、このお堂は左甚五郎が造ったと伝えられていること、又、「ぽっくり信仰(天寿を全うして、ぽっくり死ぬように)」がつたえられている、と記載されていました。

毎年5月14日に執り行われる「當麻おねり(正しくは聖衆来迎練り供養会式)」の日には大勢の人がこのお堂を訪れて、安楽往生を願うそうです。但し、3度は参詣しないとご利益はないそうですが・・・。
大和路を訪ねて 
〜 私の一押しの大和路 〜 米田嘉浩氏

田中眞人 氏よりコメントを頂きました
傘堂は「影堂」または「位牌堂」とも・・・。

かつてはこの場に受付があって、祈願まいりの都度、腰にまく白いさらし布に押印されていました。
平成25年からは石光寺に移っています。

初年の押印は離苦生安楽の”無病祈願”
2年目は”正念祈願”
3年目に”晴朗祈願”
4年目でやっと”神祇祈願”でありますが、さらに
5年目がお礼参りの”廣済衆厄難”で満願成就になると、当時受付をされていたNさんが教えてくださいました。

 

続きを読む >>
奈良 葛城市 comments(0) -
汁掛祭 野口神社 


三斗三升三合の味噌でワカメ汁を作り参詣者に汁をかけ厄除を作法とする
前日の午前から藁で蛇の頭を組み当日早朝から蛇の胴を作りあげる。
汁掛作法が終ると御神体を先頭に善男善女が村中の一軒一軒蛇綱をひき廻り家々の邪気を払い、病除を祈願していく。
こうして巡行が終ると神社の蛇塚に蛇綱をトグロに巻納め、行事が終了し、御神体を次番の頭屋に送られ祭がおわる

*地区内には160軒ほどあり、当屋は14軒。2つの当屋(とや)が祭事にあたり、7年に1度、順番が来るそうです。
祭事には100〜200万ほどかかり、これはすべて2つの当屋もちだそうです

由来  
神社社記によると、彦八井命の後胤・茨田の長者が河内の国よりこの地に住んでいた。そこに一人の娘がいた。その頃茅原郷から葛城山に修行に日参する役の行者小角という人が居たが修行の往復に村の筋街道を通るのが常であった。いつしかその娘の恋の的になったが、行者は、修行一途で応じることが無く娘は、女の一念から悪息をはきながら行者を呑み込もうと村の森の中にある「穴」にかくれた。五月五日の田植え時で村人が野良へ弁当をもって通りかかると、大蛇が火を吹いていた。驚いて持っていた味噌汁を大蛇にぶっかけて逃げ帰った。村人がきて見ると、大蛇が井戸の中に入ったので巨石で口をふさいだ。その後娘の供養にと汁掛祭と蛇綱ひきが行われている。〜蛇穴区野口神社祭典委員会〜  
続きを読む >>
奈良 葛城市 comments(0) -
おんだ祭 長尾神社

フォトグラファー宮司さんの長尾神社のおんだ。。w


続きを読む >>
奈良 葛城市 comments(0) -
葛木坐火雷神社例祭宵宮   十二振提灯奉拝

笛吹神社と言えば2月11日の御田植祭 7月17日の夏越祭は有名ですが。。
続きを読む >>
奈良 葛城市 comments(0) -
葛城市納涼花火大会





続きを読む >>
奈良 葛城市 comments(0) -
| 1/1 |